不動産会社を立ち上げたいならフランチャイズからスタート

スムーズに独立する方法

医者

独立を目指している医師向けのセミナーに参加するのが、開業医としてクリニックを経営する場合の出発点です。現役の開業医が講師を務めるセミナーに参加することで、クリニックを開業してから経営に成功するまでの手順について、深く学べるでしょう。しかし独立を思いついてから開業するまでには、様々なハードルがあるので、コンサルタントを積極的に活用するべきです。クリニックの経営支援に力を入れるコンサルタントに相談すると、資金調達や物件探しなどのサポートも受けられるので安心です。医療の高度化に伴って検査機器の充実も大きな課題となっており、開業前に自己資金や融資を活用して、5000万円以上の資金を確保するのが理想的です。十分な資金を確保できた場合には、患者数などのシミュレーションを行ったうえで、独立に最適な賃貸物件を契約するのが次の段階です。賃料が割安な賃貸オフィスを選ぶことも重要ですが、開業医として働きやすい環境を整えるには、医療モール内の物件に入居するのが賢い方法です。そしてクリニック向けの物件を契約した後は、内装工事とレントゲンやCTなどの設備の導入を並行して進めるべきでしょう。一方でクリニック経営をスムーズに進めるうえでカギになるのは、看護師や医療事務スタッフなどの人材の確保です。最近では開業医向けの経営支援サービスも充実しており、オープン後に経営やスタッフの教育についてのアドバイスを受けるのがポイントです。