不動産会社を立ち上げたいならフランチャイズからスタート

教育業界の経営

男性と女の子

教育ビジネス

ここ数年であるが、塾のフランチャイズビジネスの台頭が目立ってきています。一昔前までは、塾と言えば、大手の集団塾が主流で、個別指導塾の存在があまり目立っていませんでした。しかし、ここ十年で、塾のフランチャイズ経営の浸透で、個人でも個別指導塾の経営をする人が増えてきています。個別指導塾の経営で独立を果たすためのポイントとしては、3つ考えられます。1つ目は、学生アルバイトとの連携です。個別指導塾の独立を成功させるには、やはりアルバイト講師をメインにして極力人件費を抑えることが必要です。ですが、いくら人件費が安いと言ってもアルバイト講師への研修や連携は欠かせません。したがって、2か月に一回程度の講師勉強会を開くなどの工夫をするべきかと思います。2つ目は、地域の現状を把握することです。経営者として独立を目指す以上は、出店する地域の人々の特徴を抑えておく必要があります。どのくらいの世帯年収があって、どのくらいの塾への費用が捻出できるのかを理解しておきましょう。3つ目は、生徒が通う学校のテストの特徴を常に把握しておくことです。塾経営者としての独立に成功している人は、常に生徒の通う学校のテストがどのような問題を出し、どのような生徒が内心が高くなるのかを把握しています。やはり、こういった情報は、生徒との一対一のコミュニケーションを取ることで得られます。こうした努力が合格実績や定期テストの結果の向上につながり、顧客満足度を上げる結果になるのです。